エアコン掃除はリフォーム前に済ませよう|生まれ変わる住宅

リフォームで導入

家

床暖房のリフォームを行う事を検討されている方はこういった熱源方式が違うタイプから燃料費や設備費、部屋の規模などを考慮して長く使用できるタイプを選ぶのがよいかもしれません。

View Detail

防水加工を知ろう

笑み

防水工事をしたり、屋根等を修理する事で、雨漏りを直す事が出来るのですが、直すのであれば、業者を利用したいはずです。そのような際には多くの業者から優良業者を選ぶために工夫して探しましょう。

View Detail

比較が大切

工具

床暖房を導入するリフォームを行なうのであれば業者から見積りを取得することによって、相場価格をチェックすることが可能となりますし、どこが安い業者なのか、どこが高い業者なのかがわかるのです。

View Detail

エアコン掃除ですっきり

住宅

エアコンは正式名称をエア・コンディショナー(Air Conditioner)といい、室内の冷暖房や湿度のコントロールを行う空調設備機器です。
エアコンの歴史は意外に古く、18世紀中ごろには原理が発明され19世紀の中ごろには最初のエアコンが作られました。

商業的な最初の電気式エアコンは1902年にアメリカのニューヨーク州で作られ、印刷工場の製造工程に使われました。
初期のエアコンにはアンモニアやプロパンといった危険なガスが使われていましたが、安全なフロンガスに取って代わられました。
しかしフロンガスもオゾン層に影響を及ぼすことがわかって以来、使われなくなりつつあります。

現在各家庭にエアコンが普及し省エネ化も進んでいますが、効率的に使用するには定期的な清掃とクリーニングが必要です。
年に一度は内部を清掃し、数年に一度は業者などにクリーニングを依頼しましょう。
とくに、リフォームを今後控えている場合などは折角住宅が生まれ変わってもエアコンなどの空調が汚れた状態だと汚れもどんどん蓄積してしまうのでリフォーム前には必ずエアコンの掃除を行ないましょう。

エアコンの冷媒は以前はフロンガスが使用されていましたが、オゾン層を破壊し、有害赤外線が増して人体に悪影響を及ぼすことが分かり、代替フロンHFCが使用された。
オゾン層は破壊しないが、地球温暖化をもたらすという別の問題が出てきました。

現在は新冷媒への転換が大きなテーマになっており、CO2(二酸化炭素)が毒性や可燃性ガスが少なく安全性が高いことから、次世代の冷媒として見直されています。
エアコンは長く使用していると、冷暖房効果がわるくなり、臭いやカビが気になります。

フイルターの清掃は時々掃除機で吸い取る、1ヶ月に1回は水洗いすることで電気効率をアップすることができます。
しかし、本格的なクリーニングはプロに依頼すれば仕上がりもきれいになります。

エアコンは家のホコリやカビをたくさん吸い込んでいるので、長い間掃除しないで急に使う時になって嫌な匂いがしたり、風力が弱くなったと感じることがあります。
エアコンを使用する前に清掃をして快適に使いましょう。
しかし、自分で清掃をするのは大変で汚れがしっかり取りきれないので、クリーニング業者に頼んでしっかり清掃してもらうと安心です。

料金は見積りを依頼して検討することができます。
エアコンを清掃することで、風速が上がり、少ない電力でより多くの空気を冷やしたり暖かくしたりできるようになりますので、節電対策にも効果があります。

エアコンは暑い季節や寒い季節に重宝する家電ですが、定期的にメンテナンスをすることが大事です。
特にフィルター清掃はまめに行うことで、効率がアップします。
そして、2~3年ごとには業者にエアコンクリーニングを頼むことも大事です。

カバーを分解してからフィルターや熱交換器、ファンのホコリを除去し、高圧洗浄を行い、抗菌防カビ処理までをするので、結果電気効率が上がり、内部から排出されてしまうホコリやカビは大幅に減少します。
アレルギー対策になることのほか、エアコンの故障やトラブルの可能性が低くなるという利点があります。

エアコンには、埃や汚れが溜まるので定期的なクリーニングや清掃が必要です。
そのままにしておくと、空気も悪くなり、故障の原因にもなってしまいます。

エアコンのクリーニングや清掃を行うことで、エアコンの効きも良くなり、空気をキレイに保つことができます。
効きが良くなることで、温度を低くすることもないので、電気代の節約につながり、赤ちゃんや子供の居る家では気になる空気もキレイに保つことができます。
また、エアコンのクリーニングを行うことで、故障の原因を取り除く事ができるので、長く使用することができます。

夏の時期に活躍するのがエアコンです。
快適な機械ですが使用していて問題になるのが、フィルターなどの清掃です。
しかし、エアコンは部屋の高いところに設置されることが多く、簡単に掃除をしようとしてもフィルターを外すのは結構大変です。

今までは脚立や椅子を使い外そうとして怖い思いをした方もいるのではないでしょうか。
現在販売されているエアコンの中には、自分でフィルター清掃やクリーニングを行う機能が付いている機種が販売され、フィルター掃除という作業から開放してくれます。
また、新しい物は省エネタイプで電気代も安くなっており、体にも家計にも優しい物となっています。
また、今までのエアコンに関しても、1時間ほどで内部やフィルターをきれいに清掃・クリーニングを行ってくれる掃除業者もあります。

使用頻度にもよりますが、エアコンのフィルター掃除は、10日に1回くらいが良いといわれています。
あまり掃除をしないと故障の原因や電気代の高騰につながるので、定期的な清掃・クリーニングが大切です。

現代生活において、エアコンは必要不可欠な家電ですから、故障などの不具合が生じた場合には、とても困ったことになります。
そのような事態に陥らないためにも、こまめに清掃を行うことが大切です。

特に重要なのは、エアコンフィルターで、埃を溜めないようにすることが肝心です。
けれど、多忙な場合は、自分で清掃することができないこともあります。
そのような時は、ハウスクリーニング業者などに依頼することをおすすめします。
エアコンの清掃などを専門に行っていますから、安心して仕事を頼むことができますし、各ホームページをご覧になれば、担当エリアや料金表が記載されています。

お掃除自動のエアコンが人気を集めていますが臭いが気になる事があります。そのような場合はエアコン掃除のプロに任せましょう。

料金はかかりますがエアコン内部がきれいになる事でアレルギー対策になるだけでなく電気効率もアップし節電にもつながります。
エアコンを使わない春や秋にクリーニングをすると使い始めから臭いを気にすることもなくなります。
プロの手でピカピカになったエアコンは空気だけでなく、さわやかな気持ちにさせてくれるでしょう。

猛暑が続く日本では、エアコンは国民の必需品になりました。
大体使い始める七月辺りから取り付け工事が忙しくなり、買っても取り付けまでだいぶ待つなんてこともあります。
いまやエアコンは省エネが当たり前になり、10年ほどは壊れずもつようになりました。
性能も冷えすぎず人に優しいとか、音が静かでコンパクトなど、メーカーを比べてもそんなに大差はないようです。
その為エアコンクリーニングというのが流行っています。
エアコンの清掃は大抵回りを拭く位しか出来ませんが、業者さんが来て清掃し、中にある真っ黒な液体汚れをみたら定期的にお願いしたくなります。
エアコン業界はそこでも仕事を増やし利益をあげるようにもなりました。
しかし矛盾してるようですが、今後は清掃不要の物も売れてきてるそうです。
いずれにせよ綺麗で使いやすいエアコンを毎日使用したいですね。

エアコンのクリーニングを担当している業者は年々増加しています。
特に、日ごろからエアコンの清掃に手が回らない人にとっては、価格が優れている業者を選択することが重要です。
例えば、全国チェーンの業者を利用することによって、出費を抑えることができるため、消費者からのニーズが高まっています。

最近では、エアコンのクリーニングのメリットについて様々な媒体でも取り上げられています。
そのため、日ごろからウェブサイトや雑誌などに目を通すことで、理想的なコストパフォーマンスに優れている清掃業者を見つけることができます。